メインコンテンツ

その他のコンテンツ

ビル管理の重要性

ビル管理という仕事があります。全国に無数にあるビルには、ほとんどの場合ビル管理をしている人が勤務に励んでいます。ビルの中で使用される電力配線や上下水道、エアコンやエレベーターといった設備はすべて、ビル管理の従事者が保守点検を繰り返すことで正しく機能しています。

スポットライトがあたるような派手な仕事ではありませんが、日本社会の健常な活動を陰ながら支えている重要な職業です。単調な業務もたくさんありますが、トラブルが発生した場合は率先してその解決に取り組む必要があり、責任の重い立場でもあります。 実際の話、ビルの設備は複雑なものが多く、専門的な資格を持つことがしばしば要求されますし、幅広い知識や技能を駆使して行う必要もあります。しかし、最初から特別な能力が要求されるわけではなく、少しずつスキルを身につけていくことが可能です。経験を積んで資格を取得すれば、何歳になっても再就職をするチャンスにも恵まれます。実際にビル管理の仕事は高齢者が従事していることも多く、その気になれば長いキャリアを築くことも不可能ではありません。ビルの活動はほぼ休みなく行われており、その意味でもビル管理の仕事は需要が高いものです。

今の日本社会は長期的な不況から脱出したばかりで、人手不足がすでにさまざまな業界で叫ばれているところですが、こうした地味な仕事についても、豊富な経験を持つ人材がよりいっそう尊重されていく可能性がありますし、やる気がある人材の確保が求められています。